2008/12/01

地域の人たちとともに地域の医療を支えていきたい

 約半年で20〜30人の患者さんを担当しましたが、最初に担当した患者さんが印象に残っています。脳梗塞で入院されたのですが、肺がんもあり、低酸素血症も抱えていました。すでに手術できる段階ではなく、ご本人は自宅で飼っている小鳥の世話などをしながら最期を迎えたいと希望されていました。担当医として、本当に帰して大丈夫なのかーー酸素をつけるのを忘れてしまわないだろうか、何かよくないことが起こるのではないか等々、ずいぶん考えました。でも、ほとんど治療もできないのに、病院のベッドで寝たきりの生活を送るより、自分のしたいことができる生活をしたほうがいいのではないかと、退院となりました。今は、ご自宅で楽しそうに過ごされているとうかがっています。

 地域医療に携わっていきたいと思っているので、研修中に内科一般のことはある程度できるようになっていきたいと思っています。特に病状の見極め、最初にどのような治療をすればいいのか、緊急性があるのかないのか、すぐに入院させたほうがいいのか、あるいは専門病院へ送ったほうがいいのかなどを的確に見極められるようになりたいですね。
 埼玉協同病院は、30年前このあたりに病院がなかったので、地域の人たちがお金を出しあってできた病院です。今でも皆さんの出資金で新しい機器をそろえたり、建物を新築したりしています。
 現在、埼玉行動病院では、10人ものケースワーカーを擁しています。約400床の病院としては、多い数です。というのも、退院後のことも重要視しているからです。退院してもすぐに働けず収入のめどがない人に生活保護の提案をしたりなど、退院後も何とか生活できるようにとケースワーカーががんばっています。これは、この病院ならではの誇れるところです。
 
 高齢化が進む一方、医療費抑制・社会保障費削減が加速しています。そんな中、この病院は「差額ベッド代」をもらわない病院であり続けられるよう、地域の人たちのために医療を提供しつづけられるようにがんばっています。
 医師不足といわれていますが、特に埼玉県は人口あたり医師数が日本一少ない県です。この病院も医師不足です。しかし、厳しい状況でも、地域のための病院の医師として懸命に働いています。地域医療をめざそうという方には、ぜひ埼玉協同病院にきてほしいと思います。一緒に働きましょう。
<T.H.>
 

2008/11/01

患者さんに接して生活習慣病の予防、治療の大事さを実感

 9月まで循環器・糖尿病を中心とした病棟で研修していました。心疾患、高血圧、糖尿病や腎不全、脳血管障害などで入院されている患者さんをたくさん診てきました。こうした生活習慣病にかかっている人は全国的にも多く、生活習慣病を予防することがいかに重要かと強く感じさせられました。また、病気になってしまっても、きちんと治療をしていけば、重症化しないということも実感しています。
 例えば、糖尿病は食事のコントロールをしたり、薬物療法を続けていれば、日々の生活にさほどの支障はきたしません。でも、治療を放置しておくと合併症である糖尿病性腎症になってしまったら、その先ずっと、透析が必要となってしまいます。高血圧や高脂血症が重症化すると、脳卒中を起こしやすくなります。脳卒中になると、命は助かっても、言語障害や身体麻痺などの後遺症が残ってしまう場合も多く、ご本人が辛いだけでなく、介護するご家族にも大きな負担がかかってきます。
 私は、予防医学や産業医学に興味があるので、患者さんと接することで、さらに勉強を深めていければと思います。
 
 研修していて、この病院ならではと思うのは、退院後のことも見据えて治療・退院を進めていくことです。病気の治療が終わったら「即、退院」とは限りません。
 ひとり暮らしの高齢者や生活に余裕のない人でも、退院して大丈夫な準備を整えないと退院とはならないのです。退院後の薬のことやリハビリのこと、生活のこと、介護が必要ならその手配などいろいろなことを、看護師さんや薬剤師さん栄養士さん、理学療法士さん、そしてケースワーカーさんたちと連携しながら進めています。

学生時代の実習は見ているだけですが、研修医となった今は、自分が検査や治療をしています。やはり、医師として責任を感じますね。
 患者さんとは、「今、何をしてほしいと思ってらっしゃるのか、何を考えていらっしゃるのか」ということを思いやりながら接するよう心がけています。ただ、時間がないときなどは伝達事項のように事務的になってしまうこともあって……。いつもいつもは難しいかもしれませんが、実行していきたと思っています。

<K.S.>

2008/10/01

患者さんから教わった学生から医師への意識改革

 研修に入って、ポリクリ(学生実習)のときの意識を変えなくてはいけないと思ったできごとがありました。
 ポリクリでは、毎日患者さんのところに行って話をしていました。研修でもそうしていたところ、ある患者さんから「もう、いいです!」といわれてしまいました。
 ショックでした、とても。自分としてはよかれと思ってしていたことだったので……。指導医の先生からは、なぜそういわれたのか、冷静に考えるようにといわれました。
 その患者さんは、思うように治療が進まず、入院が長びいて、それがストレスになっていました。患者さんにしてみれば、どうしてはやく治らないのか、いつまで入院しなくてはいけないのかなど、不安や不満でいっぱいだったのに、何の対処法も用意せず、話をするだけの私に、怒りが出てしまったのだと思います。患者さんは、私たち医師にはやく治してほしいと期待しています。今は、患者さんの思いを意識して、話をするようにしています。

 患者さんの不安を取り除き、期待に応えるためにも勉強が必要だと思っています。学べることは、何でも学びたい。やらせてもらえる手技は、何でもやりたい。
 医者としてこの2年の研修がすべてだといわれます。上の先生からも「ここでできないと、3〜4年目からがんばろうと思っても、なかなか難しいし、時間がかかる。今のうちにしっかりやれ」といわれています。
 この2年の影響が大きいということだと思います。たしかに、2年目の先輩を見ると、たかだか1年しか違わないのに、すごい。たった1年がそれだけの差を生み出すということ、この2年がいかに貴重な時間かということが実感としてわかります。

 研修先は、慎重に選びました。関東近県の病院を10ぐらい回り、実力をつけられそう、医局の雰囲気がいい、地元ということで埼玉協同病院を選びました。
 高校3年のときに、この病院で1日医師体験に参加し、なじみがあったこともあります。1日医師体験では、胃カメラの模型を操作させてもらったり、医師の話が聞けたりして、医者の仕事の一部が何となくわかりました。受験勉強のいい息抜きにもなりましたし、モチベーションを上げるのにもいい機会だと思いますので、医学部をめざす高校生は参加してみるのもいいのではないでしょうか。<I.S>

2008/09/01

研修を始めて変わった医師のイメージ

 医者という仕事は、患者さんを診察して診断を下すということが、業務の大半を占めると思っていました。それが、実際に研修を始めてみると、治療にかかわる他職種の人たちの橋渡し役というか、コーディネーターのような要素が多いと気づかされました。
 患者さんの治療には看護師や薬剤師、栄養士、ときにはリハビリをする理学療法士やMSW(医療社会福祉士)など、いろいろな職種の人がかかわっています。それぞれの人たちが、それぞれの職種ならではの患者さんの情報を持っています。そうした個別の情報を医師である僕のところに寄せてもらい、カルテに集約する。そのカルテを各人が見て、患者さんをさらに理解し、患者さんのために最適な仕事をしていくということです。

 自分の1日のスケジュールを見てみても、他職種の人とのカンファレンスなどに費やす時間が多くなっています。
 例えば薬剤師さんの場合なら、僕の処方に関して、「患者さんがA薬を服用しているなら、B薬は服用してはいけない」とか、「その薬の血中濃度の上がる時間を考えると、服用時間は30分ずらしたほうがいいのでは」などと教えてくれます。ただ、教えてもらうには、素直に耳を傾ける姿勢が必要です。
 研修していくうちに、医師は、治療にかかわるさまざまな職種の人たちが、持てる力を最大限に治療に反映できるようにする役割があると思うようになりました。そのためにも、何でもいいやすい、人の意見を謙虚に受け入れることのできる医師でありたいと思っています。
 
 今、この病院で研修していて、すごく面白いと感じています。それは、勉強ができるからです。
 僕は今、内科の糖尿病・循環器を担当していますが、担当以外のことでも、例えば脳梗塞について知りたければ、ここは医局が1つなので、専門の先生にすぐに相談することができます。上の先生方も、面倒がらずていねいに対応してくださるので、相談しやすいのもありがたいところです。同様に、ほかの職種の人たちからも、快くいろいろと教えてもらっています。
 研修後もここでがんばって、埼玉協同病院をもっと盛り上げていきたいと思っています。<T.K>
 

2008/08/01

希望通りの研修で満足です

 研修先を選ぶに際して、その病院の研修システムで決めようと思いました。7つの病院で実習しましたが、病院によっては、研修医はみているだけで、何もさせてもらえない。逆に、研修医にすべてを任せ、何も教えてもらえないような病院もあります。埼玉協同病院は、主治医として患者さんを担当しながら指導医の先生から教えてもらえ、研修が終わったとき、一番実力がついているだろうと思いました。
 朝、指導医の先生と一緒の回診をし、それが済むと朝カンファレンス。昼ごろから、今度はひとりで自分の患者さんを診たり、指導医の先生と一緒に措置をしたり、先生の措置を見学したりと、病棟にはりついて勉強しています。最後は、指導医の先生と1日の振り返りをします。その日の自分の診断や処置について、先生がきっちりとみてくれて、カルテはこう書き直すともっとよくなるよとか、こういう考え方もあるとか、こうしたほうがいいよとか、こういう資料をみたらとか、細かくていねいにアドバイスしてくれます。毎日、毎日です。なので、希望どおりの、満足いく研修ができていると思っています。

 今、苦労しているのは、治療計画を立てること。診断までは学生時代の実習で経験していますが、その診断に対して、どの薬を使うか、どういう検査をするかなどといった治療計画を立てるのは初めて。1から勉強なので大変です。
 指導医の先生に聞けば教えてもらえますが、それでは勉強にならないので、できるだけ自分で考えたり、調べたりしてから聞くようしていますし、自分なりの治療計画をつくってからみてもらうようにしています。大体、ダメと言われます。自分が立てた治療計画でオーケーがもらえるようになるのが、研修の終了かもしれません。

 医学部を目ざしている人たちに、ぜひ言っておきたいことがあります。それは、医学部に入るのは、医者になりたいという思いが強ければ入れるということです。
 本気で医者になりたいと思えば、勉強が苦にならなくなる。医者になるには頭がよくなければと思っている人がいるかもしれませんが、私も成績がよかったわけではなく、医者になると強く思ったから、それからは一気にがんばったし、がんばれた。医者になるという思いの強さだけで、医学部に入れたと思っています。皆さんも強い思いでがんばってください。<D.E>

2008/07/01

更新しました

お待たせいたしました。研修医のブログを再開します。ここからは、2008年度にはいった新しい研修医たちの紹介です。<T.T>

2008/03/10

一生忘れることのない貴重な経験

2年間の研修に満足しています。まず同期に恵まれたこと。みんなで症例を共有しあい、高め合うことが出来たし、心配事の多くを飲み会で解決することが出来ました。他の学年がうらやましがるほど仲が良く、楽しかったです。
私は元来臆病なので、非常時に備えひたすら勉強しました。BLSやACLSを早く取得したり、気管挿管が一人で出来るようになるなどの手技の面の勉強や、見逃してはいけない病態など・・・。しかし一番思うことはやはり「患者から学ぶ」ということで、実際受け持った患者さんからは病気のことのみならず、人として大事な多くを学びました。一生忘れることのない貴重な経験でした。<J.T>

2008/03/07

患者様からいただいたあたたかい気持ち

毎日が新しい発見の連続でした。
プライマリ・ケアを行うにあたっての必要な技術・知識をつけることができたことも大きな収穫でしたが、それ以上に患者様からあたたかい気持ちをいただけたことが何よりも大きな収穫となりました。
2年間で学んだことを存分に活かして、これからも頑張って生きたいと思います。<T.K>

2008/02/29

今後は専門研修に励みます

内科研修に始まり、診療所研修など様々な体験をつむことが出来ました。厳しい場面などにも先輩方、指導医の先生の助けがあり、研修を継続できたと思います。また同期のメンバーには公私共に色々と御世話になりました。
今後もこの2年間の研修で得たものを生かして専門研修に励みたいと思います。<S.T>

2008/02/15

2年間の研修を終えて・・・

昨年5月に内科病棟から初期研修がスタートしました。それからは病棟での診療を中心に、外来や往診など多くの場面での診療を経験することができました。様々な疾患、そして多くの患者さんと出会いかなり診療の幅は拡がったと思います。この2年間で得たものを今後の専門研修にいかしていければと思います。<T.K>

2008/02/14

かつてない充実した2年間

一期一会。協同病院2年目研修医、何処からともなく集まった7人、それぞれ個性が強い面々と自負しているが(?)、皆で励まし合い、競い合い、かばい合い、時には意見をぶつけ合ってきた。同期がこの面々で本当に良かった。忙しかったけれど、これほど充実した日々を送った2年間はかつてなかった。<H.T>

2008/01/25

研修の2年間をふりかえって・・・

あっという間の2年間でした。同僚においてかれまいと必死にもがいた2年間でした。落ち込むことも多くアルコール摂取量が増加した2年間でした。忙しくて運動できずお腹周りが気になった2年間でした。上級医の先生方の知識量・技術の高さに圧倒された2年間でした。まるでかすな僕に感謝の言葉をかけてくださる患者さんに励まされた2年間でした。疲れていらいらしたまま診療にあたる自分に嫌悪感を覚えた2年間でした。少しは医者らしくなったなと自分を褒めてあげたいと感じる2年間でした。
埼玉協同病院で学んだ2年間を武器に、4月からの専門研修を戦います。<R.K>

2008/01/11

あっという間の2年間

 この2年間はあっという間でした。当初は与えられることに対して精一杯学びながらついていって行きましたが、徐々に自分で判断できるようになってきてから医師としての責任感の重さを感じるようになりました。研修を総括すると、とても充実していたといえます。研修指導医・先輩・同期・後輩にも恵まれたことが大きいと思います。とくに同期の仲間とはお互い励ましながら、不満をぶつけながら楽しくやっていけたと思い、感謝しています。今後は研修でお世話になった恩を少しでも返していければ、と思っています。後期研修では小児科にお世話になる予定です。小児科医不足が話題になっていますが、少しでも小児医療に貢献できるよう心機一転頑張っていくつもりです。<M.H>

2008/01/10

ブログの開設

埼玉協同病院は厚生労働省に認可された管理型の臨床研修指定病院です。このブログは、研修医の日常を知ってもらうことで、埼玉協同病院の研修内容をより臨場的に知ってもらおうと思い立ち上げました。埼玉協同病院の研修だけでなく、全国の研修がよりよいものになるよう奮闘している研修医たちのつぶやきを今後紹介していきます。
まずは、2年目の研修医にこの2年間をふりかえってもらいます。<T.T>