2009/06/29

栗橋町で組合員さんに「くらしと生活習慣病」(成人病・癌)について話してきました!

6/23(火)埼玉県の栗橋町で2年目研修医のG.K.M Drが★「保健教室」の講師として参加しました。そのときのレポートです。

 2時間も組合員さん相手に話すのはちょっと大変でした。保健教室のテキストはあるんですが、話しはあっと言う間に終わってしまうんです。会場には10名ほどの組合員さんがいらして、そのうち2名の方が癌で過去に治療をされていました。そこから話しが膨らみました。
 ちょっと困った質問がありました。栗橋の近くには昔、日本軍の化学兵器工場があったとのことで、地下水にヒ素が入っているらしいということや、また、井戸水からピロリ菌が検出されるなど、井戸水を飲んでいる人に胃がんが多いらしいんです。組合員さんに
「胃がん予防にブロッコリー(だったかな?)の芽がよくって、食べているんですがどうなんですか?」
と聞かれて。医学的根拠がないので、答えに困りました(^^;)

 2年目になると、こんな風に「保健教室」で話をする機会があります。人前で話しをするのはとても勉強になりますよ。

★参考:「保健教室」とは医療生協の組合員さん向けに6シリーズで組み立てられた健康を守るための教室です。一週間に1回、約2ヶ月かけて行われます。
第1課「医療生協と健康なくらし」 講師:看護師
第2課「自分でできる健康チェック」講師:検査技師
第3課「健康づくりと運動」 講師:理学療法士
第4課「くらしと生活習慣病」(成人病・癌) 講師:医師
               ← ※ 2年目研修医が担当するのはここ!
第5課「たべものと健康」 講師:管理栄養士
第6課「くすりと上手につきあう」 講師:薬剤師