2009/12/25

機関紙「トトロのふるさと」12月号「I’Mレジデント」より

1年目研修医 S.N.F Dr
中国上海出身 上海第二医科大学卒業

◆日本でも医師になりたいと、1年で国家試験合格!将来は産婦人科医に

 中国で医科大学を卒業し、内科医として勤務していました。日本で結婚したのをきっかけに、日本の医師免許を取ろうと決意。まず、日本での医師国家試験を受けるための認定を得なくてはなりません。いくつもの書類を用意したり厚生労働省に出向いたり、とても面倒で「もうやめようか」と思ったこともありました。でも、せっかく中国の医師免許があるのに、日本で医師として働いていないのは「もったいない」と言われましたし、自分でも何か心残りのような、やり残しているような気持ちがありました。
 受験にあたっては、仕事を辞めて勉強に専念。1年で合格したかったので、予備校にもいきました。今振り返ると、そんなに大変ではなかったですね。1年間、計画的に勉強すれば受かると思います。私は進級がとても厳しい中国での医科大学の6年の基礎があったおかげだと思います。

◆「家庭」「研修医」を言い訳にしたくない
 研修は内容も多く、最近は当直も始まり大変です。小学3年生の子どもがいて、主人は当直のときは早く帰ってきてくれるなど協力してくれます。カレンダーに予定を書き込んで、お互いにスケジュールを調整し合っています。
私は、研修医の中で一番勉強不足だと思います。研修医としてすべきことはしていますが、ほかの活動などにはなかなか参加できないですね。家庭があることを言い訳にはしたくないですし、みんなと同じように働きたいと思っています。
 仕事も家庭も100%は無理なので、家事は手を抜けるところは抜くなど工夫して生活しています。子供が放課後に通う学童保育や学校の行事にもなるべく参加するようにしています。他のお母さん達も同じように働いているので、「研修医は大変だから」という言い訳は通用しません。

◆同じ脳梗塞で対照的な2症例
 消化器内科と循環器内科との両方で、脳梗塞の患者さんを担当しました。一人の方は入院されたときはさほど長引くとは思わなかったのですが、自発性が低下し、食事もできず、尿路感染や誤えん性肺炎を繰り返し、3カ月以上入院しています。もうお一方は、消化管出血で入院されましたが、検査をして脳梗塞が発見されました。ご本人の治りたいという気持ちが強く、リハビリをして自分で食べることもできるようになり、退院のめども立ちました。
 同じ脳幹部の脳梗塞でありながら、対照的な予後ということで、この2症例は印象に残っています。本人の治りたいという意欲があれば、治りも早いようです。ただ、なぜこれほど違ってしまうのか、意欲が低下するのも病気のせいと思われますから、きちんと比べて、調べていきたいです。
 将来は、産婦人科医として働きたいですね。産婦人科は、帝王切開などの外科の要素も、更年期障害治療など内科の要素と両方あるのが魅力です。