2011/12/29

医局カレーに病院忘年会

いよいよ、本日が仕事納め!

昨日は、医局事務の方がカレーを作ってくれました~


カンパ¥500で食べられました♪

そして昨日は、病院の忘年会。初参加。400人以上いてすごかった!


忘年会の部門紹介で使われた写真で~す。

今、研修している呼吸器内科病棟の人たちで~す!

C5病棟なので、手がCと5・・・



2011/12/12

医師部会総会に参加しました~

土曜日にあった「医師部会総会」に参加しました。

◆午前は、講演会。
◆午後は、「次期中期計画」の説明を聞いて、医師が5年後、どうしていきたいか、話し合いました。

講演会は、『格差時代の慢性疾患ケアを考える』というお題で、
講師は山梨大学大学院医学工学総合研究部、社会医学講座の近藤尚己先生でした。
面白かったっす!
山梨大学の近藤先生

医療生協さいたまの医師が集まって、専務から「次期中期計画」なるお話をお聞きしました。
グループに分かれて、感想の交流や5年後、自分がどうなりたいか、など交流しました。

みんなで交流中~♪

夕方からは、夕食交流会。
僕は何故か司会をやるハメに・・・

福島県のいわき市で芸術活動している姉が作ったカレンダーっす!
宣伝したよねーちゃん!売れたよねーちゃん!

司会をやったついでに、宣伝しました! 「欲しい方~」と聞くと、たくさんの方に手を上げていただきましたm(__)m
そして早速買っていただきました。この現物 ↑

福島の子どもたちに、芸術活動を!
ここでも宣伝させてもらっとこ♪
 オッコチャン基金 → http://anbd.info/jp/yokohama/detail_okkochan.html
 カレンダー → http://blog.blaurot.info/?eid=993811


交流会では、「この子誰の子?クイズ」やりました~。
ここ1ヶ月、出産ラッシュなんで。医局事務の人が作ってくれたんです。
左に居るのがぼくで~す。
3人のパパ医師のお子さんです。
パパたちが前に出て、「誰が一番パパに似てる?」投票を行いしました~

「一番似ている」Dr-Sにプレゼント♪

明日がちょうど1歳
「誕生日プレゼントになります」
普段はなかなか、医師同士ゆっくり話し合う機会がないので、今回の会議はとても良かったです!


2011/12/09

本日、初鎖骨CV!

2年目研修医の久しぶりの登場!

現在、外科研修中。

本日、初の鎖骨からのCVです。

事前にシミュレーターで練習して、本番に臨みます。


うーーーん、結構深いなぁ・・・。

首とか足の付け根はやったことあるんだけど・・・

2011/12/08

ちょっと贅沢に・・・

これから、村上先生の研修医レクチャー。

その前にお昼食べて、書類書いて・・・

ちょっと贅沢なお菓子も準備。

贅沢なお菓子(右)
ゆっくりする時間もないので、この位(4~500円のお菓子)食べるもの贅沢してもいいですよねぇ~

帰る時間は、お店も開いてないし、(コンビニくらいしか開いてない)かなしーーー(T○T)

2011/11/22

呼吸器の勉強会に京都へ行って来ました!

現在、呼吸器内科の病棟を研修しています。

それで先週は、先輩医師と、京都まで呼吸器の勉強会へ行ってきました!

とても勉強になりました!

お土産の一味でーす♪
辛そうです(^○^;)


そうそう、訪問者数が10,000を超えました!パチパチパチ(^▽^)/~

2011/11/14

トトロのふるさと11月号です♪

不定期ですが、トトロのふるさとが発行されています。

1年目研修医インタビュー「I'mレジデント」が載っています。

郵送していますので、是非、ご覧下さい!
※ 郵送希望の方は、kun69717@mcp-saitama.or.jp SKYMET事務局までお申し込み下さい。

トトロのふるさと11月号表紙
I'Mレジデントです!

UPが遅くなりましたが、前号の
「I'Mレジデント」

2011/10/27

研修医のユニフォームです♪

今年の1年目研修医でおそろで買いました~

おニューのユニフォーム、いかがっすか?!

今日、2年目研修医の先生から 「 だいぶ前に買ったけど、ようやく着たんだね~」

と、言われましたが、

「 お言葉ですが、これで2回目です! 」

前回は、誰も気がついてくれませんでした・・・・・・・(T○T)


これから研修医レクチャー!
お勉強しているフリ♪

2011/10/26

太ったかも?!

いつも、研修センターで頂いているお菓子のおかげか?!最近、太ってきたと言われてしまいました!

ショック・・・


でも研修センターは、研修医のくつろぎの場にしていきたいと思ってます!

村上先生(センター長)とそんな話を進めています(^▽^)/
http://skymet2011.blogspot.com/2011/10/skymet-cafe.html

・・・SKYMET cafeだって!へぇおしゃれ~


皆さんも、是非一緒にくつろぎましょう~

2011/10/13

6ヶ月の研修ふりかえり

総合内科研修、D4病棟(糖尿病・循環器)での研修が終わり、研修のふりかえり(研修評価面接)がありました。

これまで、毎月月末に、1ヶ月のふりかえりを研修担当医、Dr.Hが行ってくれましたが、6ヶ月たって、
病棟の先生4人と、看護長さんから、私の研修についての評価コメントを頂きました。


全員の方から、ポジティブフィードバックとして

「 人柄が良い 」 というお言葉を頂きました。ありがたいことです・・・!(それ以外ほめる事がなかったからか・・・(^^;)

上級医の先生方より
・患者さんのところへ行き、話を良く聞き、他の人が聞き出せなかった情報も得られた。
・患者さんの訴えもよく聞いていた。
・ムンテラの時、医学用語は使わないように、と指導したら、ちゃんと後半のムンテラは使っていなかった。ちゃんと訓練されている。
・研修担当医としても初めて担当だった。何もわからない中、1つ1つ丁寧に考えながらできていた。
・社会人として、体調管理も時間の管理もOK。人間性もOK。
・手技が少ない病棟だったが、2年間でしっかりやっていきましょう。

看護師さんより
・認知症の方にも同じ目線で、話していたのが印象的。
・担当医の先生になんでも確認していたのが、ちょっと歯がゆい。(そんな事いっても、勝手にできないのが研修医なんですが・・・)
・病院外の行動も要注意!みんな見てますよ!


1つ1つお言葉を大事にして、次の研修でも活かして生きたいと思います!

2011/10/01

今日から10月です。

研修も6ヶ月たちました。

8月は当直見学に救急見学でしたが、9月は副当直デビューに救急当番にも入り始めました。


さて、内科系1回目の6ヶ月研修が終わり、

1年目研修医は、今年からEPOCを使うことになっているので、先日、EPOCに研修の評価入力を終了しました。

先日、他の研修医とこの6ヶ月をふりかえって、と話をしました。
病棟によって、特徴があり、手技をたくさんやれる病棟、1つの症例をじっくりと深められる病棟、それぞれですが、次のローテーションでその事が経験し合えるので、勉強になると思います。

来週月曜日から内科系2つ目のローテーションとなります。


新しい病棟で、ドキドキですが、また新たな気持ちで、がんばりたいと思います!

2011/09/22

いただきます♪

教育研修センターの入口には、センター長の村上先生が、研修医用にちょっとつまめるものを、用意して頂いています。m(_ _)m
なくなると、ちゃんと補充されてるんです(T○T)
ありがたや、ありがたや・・・

本日も、いっただきまーす!

2011/09/15

原水爆禁止世界大会 報告会

先日、原水禁の報告会がありました。

班に分かれて、事前に報告用ポスターを作成しました。

当日は、研修医のMM氏が美声を披露しましたよー♪

一班で報告をまとめました!
MM氏の「世界に一つだけの花」合唱
これ、行く前の結団式。
「けんこうと平和」に載りました♪
※「けんこうと平和」は医療生協さいたまの機関紙です。http://www.mcp-saitama.or.jp/column/

2011/09/02

10月からの研修ローテーション

早いもので、もう秋っすねー

9月までは同じ内科系の病棟で6ヶ月間あった研修も、もうすぐ終わりっす・・・
9月からは、見学だった当直も、オーベンのバックアップで「副当直」という形で入ります。


10月からは、次の内科系病棟です。
先日、研修委員長から10月~3月までの研修ローテーションを決めるので、希望を出せ、と言われ、いろいろ約束事があるので、悩みながら作り上げました。


「研修医と仲良く相談の上、決めるように」

とありましたが、勝手に決めて出しちゃいましたー(^^;)
後は、よろしくお願いしますm(__)m


今月は、埼玉協同病院の機関紙「 ふれあい 」には、原水禁の感想が載ったり、http://kyodoresident.blogspot.com/2011_08_01_archive.html#305872803784252367

医療生協さいたまの機関紙「 けんこうと平和 」に写真が載ったりhttp://4.bp.blogspot.com/-mki5RQX5Wsc/TnGOFw1nVFI/AAAAAAAAASM/kiIxqUVkdkc/s1600/%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F+002.jpg

たくさん出ました♪


そうそう、次号の「 トトロのふるさと 」の「I'm レジデント」の取材を受けました。
医学生の皆さん、次号お楽しみに(^▽^)v

2011/08/29

娘のうちわです(^^)

研修医1年目のKAです!

先日、保育園に通っている娘のうちわができあがりました~

保育園の夏祭りもあったのですが、平日の午後3時からだったので、残念ながら、参加できませんでしたが・・・

このうちわ、娘が作った訳じゃないですよ!

足と手を貸しただけです・・・


タコが手のひら
イカが足です
 10ヶ月の娘のいい思い出の品になります。

2011/08/22

ビシソワスープ、おいしかったっす!

ビシソワスープ(じゃが芋の冷たいスープ)を、栄養士さんに差し入れして頂きました(^▽^)v

最近、お疲れ気味の研修医たちへと、とペットボトル2本分作って頂きました~

ちょーおいしかったっす!

1年目と2年目研修医でおいしく頂きましたm(__)m


この栄養士さん、埼玉医大の医学生向けに毎週ランチを作ってくれてます。僕も毎週栄養補給してました。

久しぶりにおいしかった~。ご馳走さまでした

2011/08/17

原水爆禁止世界大会に参加して


2011年8月7日から9日までの3日間,長崎にて原水爆禁止世界大会に参加してきました.


まず、長崎市民会館で行われた開会総会では全国だけでなく世界中から参加した原水爆に反対する人々の多さに圧倒されました。また、自分の想像とは異なり、会場にいる参加者の皆さんの年齢層が若かったように思います.開会総会では各代表の方による発表がありましたが、原水爆や原発が人類には必要がないものであり、世界中の人々が安全で平和な世界を望んでいるのだと感じました。

それから、講演や交流会で全国から集まった参加者の方と懇談する機会があったのですが、話題はやはり東日本大震災による福島原発の問題が1つの大きなテーマになっていたように思います。

 今回,原水禁世界大会に参加して医療の現場にいる自分には一つの大きな財産となりました。しかし、原爆、原発に関してはまだまだ自分が知らない事が多くある事に気づかされました。でも、そんな自分でも小さな事からでも始める事の大切さを学ぶ事ができたように思います。

kk

2011/08/16

原水爆禁止世界大会 in長崎。レポート③

二日目は分科会に参加しました。

原発の事を学び、さまざまな報告を聞くことができ、とても勉強になりました。

夜の民医連の職員の方々との交流では、いろんな活動報告を聞くことができました。
kk


一緒に行った医療生協さいたまの組合員さんの感想も紹介します。

♪長崎は今日も雨だった♪(降られました)

平和記念公園へみなさんからあずかった鶴をかけてきました。
爆心地の公園にも沢山の鶴があちこち置かれてあり、あついものを感じました。

資料館にも足を運び、学んできました
S

2011/08/10

原水爆禁止世界大会 in長崎。レポート②

昨日帰って来ました~

写真をひとまず、UP。


世界大会開会式
すごい人っす!

平和っていいなぁ~
2日目。分科会で原発の話を聞きました。
同じ班のみなさんと。折鶴もって行きました!


夜は、全国の民医連の職員との交流。
同じ苗字の関西で研修している同期に半年ぶりに会いましたよ♪


3日目。世界大会、フィナーレです
 さて、今日から出勤、職場のみなさま3日間、ありがとうございましたm(__)m

kk


2011/08/09

原水爆禁止世界大会 in長崎。レポート①

昨日から、長崎入りしました!

開会式に参加してきました。

開会式では、多くの人々が集まり、原爆がいかに必要でないものであるかを確認することができました。

まだ初日が終わったばかりですが、1つでも多くの事を学んで、持ち帰りたいと思います。

そういえば、先日取材を受けた、NEWS ZEROは、この原水禁の結団式の様子は丸々カットされちゃいました~(^^;)
残念~

kk

2011/08/04

動画をUPしました!

埼玉協同病院の初期研修、紹介動画ができました!

是非ご覧下さい!

今年の5月に撮影に来て、7月に出来上がりました(^▽^)/
1年目はちょびっとしか登場していませんが、2年目研修医はたくさん話しています。

研修だけじゃなく、埼玉協同病院の紹介もたくさんあるので、飛ばさないで全部見てください♪

YouTube→ http://www.youtube.com/user/skymet2011



YouTube画面こんなかんじです
 

2011/08/01

埼玉の高校へお話に行きました!

2年目研修医FAです。
このところ、私のレポートが続きますが・・・


地域研修が終わり、埼玉協同病院に戻ってきました。現在は小児科で研修中です。(7・8月の2ヶ月間)そして、先日小児科の洗礼を受け、胃腸炎に・・・(^^;)
元気なはずだったんですが二日も休むことに(××;)!同時期に体調不良になった同期はもっとひどかったようです。


さぁ、これは何に使う道具でしょう?!

さて、少し前ですが、さいたま市内にある、高校からの依頼で、医学部をめざす高校生へ、私が医師になったきっかけや、実際の研修医の仕事内容をお話しに行ってきました。


(毎年恒例なんですって)




地域研修でお世話になったDr-YamanashiのアドバイスでPPを作成し、話だけでなく、



みなさん、興味津々!

いろんな医療器具も持参して、体験型にしました。

私が医師になったきっかけや、遠回りしたけど、医師になれた話を中心に高校生に話してきました。







みなさん熱心に聞いてくれ、感想文には

・とても良かったです
・ますます医者になりたいと思いました
・医学部受験のモチベーションがあがりました

と書いてあり、私もうれしかったです。

今後も、医師を生み出すこんな企画に、積極的に出かけて行きたいと思います!

コツン!
実際にやってもらいました。
たくさん、参加頂きました~
PPを使ったので、急遽PCが使える部屋へ
変更して頂きました。


2011/07/27

NEWS ZEROの取材を受けました♪

今年の8月に広島で行われる
原水爆禁止世界大会(http://www.antiatom.org/WC/index.html)に参加することになりました。

医療生協さいたまでは、毎年世界大会に組合員さんと職員で参加しています。(実は団長として行くことに・・・)

先日、参加者と関係者で出発に向けて「結団式」がありました。
最後に、広島で被爆された肥田舜太郎先生の講演をお聞きしました。

その時、僕の隣に、NEWS ZERO(http://www.ntv.co.jp/zero/)のカメラが!
インタビュー受けました~♪

ON AIRされますので、チェックして下さいね~(^▽^)/


~ 日本テレビ NEWS ZERO より ~
◆放送日:2011年8月4日(木)を予定

◆肥田 舜太郎先生の取材内容
 「被爆者と向き合った66年 被爆医師 肥田舜太郎さん」
 壮絶な被爆体験、被爆者と長年向き合ったその思い、そして内部被爆の恐ろしさを、肥田先生の人生を通してお伝えします。

2011/07/20

ようやく髪を切りました♪

長らくかかってしまいましたが、ようやく伸びてしまった髪を切ることができました~

あぁ~すっきりしたぁ~!


「ハンサム」というお店だったので、

「ハンサムにお願いします!!」と、気合を入れて言ったのですが、

「・・・・;」

でした・・・・・。いけると思ったのに!

2011/07/19

②大井協同診療所での地域研修2ヶ月が終わりました。

「地域の方向けにレクチャー」 研修医FA

 研修のふりかえりの後、(→ふりかえりの様子はこちら

地域の方向けにレクチャー。
PPは音楽付きで「斬新だね~」とDr-yamanashiにほめられました~
地域の方向けに診療所で「家にこもらないで外に出よう」というタイトルの健康講座とストレッチ・ダンスを実践しました。老年期の鬱々とした気分に対しどのように対処していったらよいのか、人間の心と身体の関係についてお話ししました。


みなさん、普段から運動されている方が多く、体の動かし方もとてもお上手でした。

短い時間でしたが、楽しいひと時でした。

最後はお茶会
埼玉協同病院の研修の特徴でもある、「地域の方と一緒に保健予防活動を行っている」このことを実践した日でした。(この日以外にも2回同じような機会がありました)

いよいよ7/4(月)からは、埼玉協同病院の小児科研修が始まります。

2ヶ月間の地域研修を踏まえて、今患者さんだけでなくその家族、その社会背景にも目を向けた医療ができる医師になるため、日々研鑽を積んでいこうと思います。

①大井協同診療所での地域医療研修の2ヶ月が終わりました。

2年目研修医 FA

毎日が充実した大井協同診療所での地域研修が7/2(土)で終了になりました。
6/27(月)には診療所でお昼を食べながら2ヶ月のふりかえりを行いました。


Dr-Yamanashi ↑
 看護師さんを始め、指導をしてくださったDr-yamanashi、Dr-ishikawa、コメディカルの方々に向けて、PPを作成し、学んだことを発表しました。
PPを作成する過程でじっくりとこの2か月で学んだことを振り返ることができました。


みなさん、Positive Feedbackばかりで、暖かく見守って下さって頂いたんだなぁ、と改めて感じました。
 
がんばりすぎちゃうから、体に気をつけて・・・
看護長

地域研修では、「病院」での医療と「診療所」ならではの医療のちがいを実感しました。たとえば、単に健診で受診した人から、家庭や社会背景の問題を抱えていることを聞き出すことができるようになったり、禁煙外来を継続しておこなったりしました。
 さらに、まだ病気にはなっていないけれど、「普段の生活」を聞いていくことで今後生じると予想される病気を未然に防いだりする予防医学の実践も学びました。また病院では「科」に分かれていますが、診療所では成人から小児、高齢者まで、泌尿器疾患、呼吸器、消化器、整形疾患、皮膚疾患、精神疾患、脳神経疾患等ありとあらゆる患者さんを診ます。幅広い知識と経験が求められる分野であると感じ、毎日が新しいことの発見の連続でした。ここにはまさに地域密着型の医療があると実感しました。

2011/07/16

救急車11台

今朝の医局朝会にて

研修委員長のDr-Mも当直に入っていました。

朝会の報告で

「 昨日は救急車11台きました。
  みんなでがんばったので、おいしい焼肉を食べに行きたいと思います。 」

(当直に入っていた) 研修医Dr-I
「 え!おごりですか?! 」

Dr-M
「 だれもおごりとは言ってません! 」

医局(笑)

・・・おごってよ・・・

2011/07/15

プロモーションDVDとレジナビ東京

医学生さん向けにプロモーションDVDを作成しました。

レジナビ東京でも流しますので、お楽しみに!


7月17日(日)のレジナビ東京にも出展します。

指導医(一日います)
研修医は1年目3名(午前2名、午後1名)
       2年目2名(コア)

是非、話を聞きに来てくださいね~

場所はだいぶ奥の方でわかりにくいですけど、目印は「SKYMET」の旗です!

事務局 OK

2011/07/11

♪あぁ~夏休み♪

梅雨があけて、暑い夏が到来しましたねぇ~

うちの病院では1週間夏休みが頂けます♪
(正確には4日間。有休とか土曜日のお休みをくっつけて1週間の休みとなる訳です。)

9月お休みを頂きます。同期2人はもう決まりました~


お疲れモードになってきたので、ちょうど良いお休みになります!

2011/07/07

【トトロのふるさと】I’mレジデント!研修医最前線②

Dr FA 【トトロのふるさと】I'mレジデント!①からの続き 
http://kyodoresident.blogspot.com/2011_07_01_archive.html#5209723304996639270

大学時代に社会人の教養を


 医学部では病気のことしか習わないし、よくある病気も、まれな病気も同じように教えられるので、授業が面白くないと思う人も多いでしょう。でも、医者になると面白いですよ。医者は、病気でなく患者さんを診るから。学生実習とはまったく違って、仕事をしてみると、好きではなかった科でも面白かったりします。

 なので、専門をつくるのはいいけれど、ある程度何でも診られるようにしておいたほうがいいと思います。病気は1つだけという患者さんばかりでなく、いくつもの病気を抱えている患者さんもたくさんいます。患者さんを理解しようと思ったら、広範囲な知識が必要になるからです。

 勉強だけでなく、学生時代に人間としての一般教養を身につけておくことをおすすめします。患者さんには本当にいろいろな方がいらっしゃいます。どんな患者さんとも円滑な人間関係が築けるように、社会人として教養も必要になってきます。本をたくさん読んで、いい映画やドラマをいっぱい見て、社会勉強をしておきましょう。

医学生向け機関紙 「 トトロのふるさと 」 2011年6月

【トトロのふるさと】I’mレジデント!研修医最前線①

阪神淡路大震災が医師への道のきっかけでした
埼玉協同病院 2年目研修医 FA

心だけでなく、体のことも知りたくて医学部へ

高校生のとき、阪神淡路大震災に遭いました。被災したことで心を病む人たちを間近に見て、そういう人たちをサポートする人になりたいと、大学で心理学を学びました。

 カウンセラーとして働いてみると、心だけでなく、体のこともしっかりわかっていないとだめだと気づくようになりました。というのは、心だけ病んでいる人もいますが、何か病気があって、気持ちを病んでいる人も多く、気持ちだけ治しても根本が治っていないので、また心を病んでしまったりします。逆に、病気が治ったら気持ちもすっきりして元気になる人もいます。

そういうことで、人間の体のこと全部を学べる医学部に入ることを決めました。被災するまでは文系でしたし、医者になろうなどとはまったく考えてもいませんでした。被災体験が、医師への道筋の始まりだったと思います。

これが私のやりたかった医療

埼玉協同病院には先輩がいて、スタッフの中が良くて仕事がしやすく、患者さんと身近に接することができる、地域に密着していて、いろいろなことをやらせてもらえると聞いていまいた。

病名の分かっている紹介患者さんの多い大学病院と違って、ここにはまだ病名もついていない、具合が悪いからという人が多く来ます。この人の体で、今何が起きていて、何をしてあげなくてはいけないかを判断しなくてはなりません。

私は、医者の仕事である診断と治療の両方をしっかりできるようにしたかったのです。埼玉協同病院で研修を始めてすぐに、「これが私のやりたかった医療だ!」と思いました。すぐに担当の患者さんを持たせてもらい、実戦で学ぶことができる。わからないことは、聞けば教えてくださる。この1年で、一般内科としての実力はつけてもらったと、思います。

指導医のM医師にコンサル

1年かけて、内科を研修

研修カリキュラムも、この病院を研修先とし選んだ理由の1つです。1年目は内科を呼吸器、消化器、糖尿病などの病棟ごとに回りますが、期間を十分にとってあります。入院前から、入院、退院、その後の外来まで、つまり、その人がどうして病気になったのか、どう治療され、治療後どうなったかまで診ることができます。それは、短くて3ヶ月、長くて半年同じ科で研修しているからできることです。
指導体制も、充実しています。わからないことは、すぐに聞いて確認できます。どなたに聞いても、きちんと教えてくださり、研修医を育てようという意識を感じます。

「ありがとう」といって亡くなった患者さん

今は、救急で研修しています。1年かけて内科を回ってきたおかげで、よくある病気で命にかかわりすぐに対応しなくてはならないもの、待っても大丈夫なものという優先順位が、ある程度分かってきたので、いいときに救急に来たと思います。

いろいろな患者さんを診てきましたが、元気になられて退院され、社会に復帰というのが、医者としては一番うれしいことです。けれど、末期のがん患者さんなど、苦痛を取り除くことしかしてあげられない患者さんをいます。そんな患者さんの中に、意識がもうろうとし、呼吸も苦しいのに「ありがとう」と行ってくださった方がいます。私は、涙が止まりませんでした。その3時間後に亡くなられました。その言葉で、助けることはできなかったけれど、できることはして、患者さんもそれでよしとしてくださったのかなと思いました。


続く→http://kyodoresident.blogspot.com/2011_07_01_archive.html#8039326119315137126

医学生向け機関紙 「トトロのふるさと」 2011年6月号より

2011/07/05

2年目研修医、ローテーションしました~

昨日、7/4(月)に2年目研修医の先生方がローテーションしました。

内科系病棟から2年目研修医(3名)がいなくなって、不安です~(;;)
いろんな当番業務あるし・・・


研修が始まって3ヶ月が経ちました。
今受け持っている患者さんは5人です。

当直見学も始まりました。とりあえず、見学だけですが。
4月から当直に入りたいという研修医も世の中にはいるようですが、僕は右も左もわからない4月から入るのは、正直不安です。
初めは、ゆる~く研修に入っていくのが民医連の研修のいいところだと思います。

これから1ヶ月・2ヶ月のふりかえりをしてきま~す♪
夏休みいつとるか、相談もしてきま~す♪

2011/07/01

雑誌(INT)に載りました~

医学生向けの雑誌(INT)に今回載りました~
是非、みてね~(^○^)/
→ http://www.intcrip.com/voiceofresident/68652

2011/06/28

検査科、実習中

毎週木曜日の村上レクチャー(検査科部長兼、SKYMETセンター長)は、
今月は1階検査科で検査の実習です。

汗をかきかき実習中・・・

採血して・・・
実際に自分でやってみて・・・
う~む・・・
結果どうだったかなぁ~

2011/06/24

MECデモ

梅雨はあけたんでしょうか~っていう位、関東は毎日晴れて暑い日々が続きます・・・

東北の大雨とは対照的に。。。

プレゼン中のS指導医
さて、6/25(土)はMECの企画で、テストの後に研修説明会があるそうです。

埼玉協同病院の指導医のS先生と、2年目研修医のM先生がプレゼンテーションを行うそうです。

先日そのデモを見させて頂き、あーだこーだと皆で意見を言わせて頂きました~






みなさん、MECのテスト受けたら聞きに来てね♪


うちの研修のウリとして、地域研修で地域の方と一緒に保健予防活動することだ!

ということを特に強調させて頂きました~

FA先生の地域奮闘記もあわせてご覧下さい→ここをクリック!

2011/06/20

蒸し暑い日々・・・

蒸し暑い日が続きますね・・・

このご時勢、クーラーなんてつけられる訳もなく、医局では、扇風機2台申請したそうですが、まだきません。。。
しかし、研修医のいるエリアは、壁と仕切りで囲われているので、扇風機の風はくるはずもなく。。。

自分で購入しよっかなぁ~。。。電気屋さんに行く暇がないかぁ。。。
髪も切る暇もないしなぁ~。
土曜日は、医学生の5年生が、病院見学に来てくれました♪髪は切れなかったけど、お顔はきれいにしておきました。。。



という訳で、ちょっと涼しい話題

僕は、福島のいわき市出身。
実家にいる姉が、芸術活動をしてまして、福島の子どもたちに芸術活動を!と
「 おっこちゃん基金 」なるものを設立しました。
詳しくはこちらを♪→http://blaurot.info/okkotyann-kikin/about.htm
ギャラリー&カフェ「ブラウロート」HP→http://blaurot.info/index.html


是非のぞいてきてくださ~い。さりげな~く宣伝でした~。
ねーちゃん宣伝しといたよ♪(いつもこのブログ見てくれています)

kk

2011/06/16

受持ち患者さん

現在、研修中のD4病棟では、私が受け持っている患者さんが少ないんで、昨日はたくさん患者さんとお話ができました!

糖尿病の患者さんには、お話を聞くためのシートがあってA4用紙2枚に渡っています。(裏まで書いちゃいました)

患者さんの生い立ちから家族構成までさまざま。
昨日は家族の方も含め、2時間コースでした。(^^;)


先日は、受持ちの患者さんに、CFに一緒に入るのを断られてしましました!(女性だからやっぱいやか。。。)

剖検にも入りました。

指導医と一緒に診させて頂いていて、難しい症例の方だったのですが、1年目研修医としては、第1号となりました。CPCにまとめて勉強させていただきます。

kk

2011/06/09

研修医のためのレクチャー続々・・・

医師研修が5月連休明けに始まって、1ヶ月が経ちました。

6月からは、僕たち1年目研修医向けにレクチャーが始まっています。

レクチャー内容はこちら → http://skymet2011.blogspot.com/


カルテ記載、オーダーの出し方や、緊急エコーのとり方など、研修医にとっては必要なことなので、とってもありがたいのですが、

・・・・正直、今は業務がいっぱいいっぱいです(汗;)
もうちょっと早い時期にやってもらえると、助かります。。。

ここでつぶやくだけじゃだめなんで、指導医のDr-Hに伝えておこう♪

カルテ記載レクチャーの前のコンサル

2011/06/08

2年目研修医 ~地域研修奮闘記②~

~地域研修奮闘記①~ より続き。。。

先日、地域研修一か月目の中間ふりかえりを行いました。


このふりかえりをするにあたり、PCでこれまでの症例ログを見てみると、研修前と後とで自分の「医療」に対する視野がとても広がっていることに気づかされました。

大きくは2つあります。


 一つは診療の際に、その人の生活背景、家族構成、社会関係を知ることで、現在問題になっていなくてもこれから起こりうると「予測」できるようになることがわかりました。

これは「予防医学」につながることであり、事前に「介入」することの大切さを知りました。その中で「高齢者」に関しては、表面化していないために「問題」としてとらえらえていない事例が多々あることをDr-yamanashiに教えていただき、実際に目の当たりにすることで実感をもって理解することができました。


 もう一つは「往診」のアクティブさです。
これまでは往診といってもイメージしがたく、検査もあまりできないし積極的な医療の介入はないのでないか、という思いがありました。
 ところが実際に往診に同行すると、とてもアグレッシブな医療であることがわかりました。

往診先にはさまざまな病態の、さまざまな社会的問題の、さまざまな家庭問題をかかえたご家族がいます。ですから医師としては病気だけでなく医療制度や利用できるサービスなどいろいろなことに精通していなければならず、それをアレンジしたりマネージメントしたりしなければ、患者や家族は路頭に迷ってしまうのです。
 往診医がどれだけのマネージメントができるかで患者とその家族の生活が全くというほど変わってしまうことがDr-yamanashiの往診をみていて改めて感じました。


 最後にDr-yamanashiの指導は、研修医が陥りがちな「消化不良」の状態にならないように常に気を配ってくださいながら、最大限に実力をのばす教育をしてくださいます。
 一か月間を振り返って自分でも驚くほどの知識と視野の広がりを持つことができ、今後医師として独り立ちしていくのに必要な準備をしていただいたと実感しています。


 残り一か月でさらに飛躍できるよう、Dr-yamanashiのご指導のもと、頑張っていこうと思っています。

2年目研修医 Dr-FA

Dr-FAは、高校生・医学生向けの機関紙『トトロのふるさと』No152の「研修医最前線」にも載っていますので、あわせてご覧下さい!

2年目研修医 ~地域研修奮闘紀①~

現在、週6日のうち、地域研修として、週3日間、ふじみ野市にある大井協同診療所に行っています。(5・6月が地域研修)


診療所での研修は、とても充実しています。

埼玉協同病院での研修は、病棟での内科12ヶ月(病棟は3ヶ所)・救急1ヶ月の研修、平行して夜間外来・当直の後が地域研修だったので、一通り経験したので、いいタイミングだったと思います。

大井協同診療所のyamanashi所長は、「医療生協家庭医療レジデンシー東京」のプログラムを修了し、今年4月、大井協同診療所の所長に着任され、研修医の指導医としても私たちを初めて迎え入れてくれました。

Dr-yamanashiにはたくさんの事を教えていただき、とても勉強になっています。

・研修が始まってすぐ、自己紹介をPPにまとめること(職員にプレゼンしましたが、とてもほめて頂きました!)
・毎日のふりかえり(ふりかえりシートに毎日書き込んでいます)
・研修が1ヶ月たったので、そのまとめ(これも職員にプレゼンしました)
・セカンドミーティングで事前課題となっているSEAシートのレクチャー

などなど

SEAシートは、目の前のやることで終始していまっている研修医にとっては、どう優先順位をつけていくか、その考え方のヒントになるものです。同期の研修医5名に伝授しましたが、1年目の研修医にも必要だと思いましたので、今度のレジカン(レジデントカンファレンス)で伝えていきたいと思います。

PCを使うのが苦手だった私ですが、このようにDr-yamanashiのおかげで、今では協同病院のデスクにPCを置いて使っているので、同期の研修医から「どーしたの?!」と驚かれています。

研修が始まる前は、大井までの道のりは、結構あるし(電車と徒歩で1時間位?)夜間診療が今年から研修医は入ることになったし、疲れるかな~と思ってましたが、意外と体力があるんだと、自分でもわかりました。(^▽^)v

~地域研修、奮闘記②~へ続く

※ 大井協同診療所HP → http://www.yuiyuidori.net/ohi-kyodo/
※ 家庭医療レジデンシー → http://www.cfmd.jp/

2011/05/16

advanced-OSCE

医療面談中
5/12(木)~1年目研修医のためのレクチャーが始まりました。


SKYMETセンター長のDr村上によるレクチャーが毎週木曜日あります。
ふりかえり



この日は、



13時~15時村上レクチャー

16時~advanced-OSCEがありました。


前半の医療面接は、大学でもやっていたけど、後半の検査結果が出たあと説明する場面は練習していなかったので、ちょーどきどきでした!


患者さんがリアルな対応だったんで、本当に困りました・・・