2017/08/06

うなぎの日のsidestory

あの鰻の日…
私は朝からとっても楽しみにしてました。賭けに負けて鰻重を奢らなきゃいけないことなんてどうでもいいくらい楽しみで、いつもはできない早起きができちゃったりそれはもうるんるんでした。

しかし、そんな時に限って事件は起こります。
救急対応中、懐かしの内科の指導医からの電話が鳴りました。前日内科に入院になった患者さんの件で、お叱りの電話です。

…頭が真っ白になりました。
もう電話越しに平謝りするしかないレベルの失敗をしでかしていたのです。
そこからの記憶はほとんどありません。なんとか仕事をやり終え、研修医室に戻ると同期がポツポツと帰ってきていました。そこで事の一部始終を半泣きになりつつ話すと、一人が

「じゃあその画像ちょっと復習がてら教えてよ!」

 というじゃありませんか。そこで意を決してその場にいた同期と4人でもう一度前日のX線を眺めました。理解したつもりでしたが、皆んなでみてみるとどうもちゃんと理解できていないことに気づきました。

「やっぱりわかんない!聞きに行こう!」

そんな流れで研修医4人で指導医の元を訪れました。大勢で押しかけたことに最初は驚いていたものの、とても丁寧に画像と疾患について解説していただきました。解説が終わる頃には、落ち込んでいた気持ちも疑問も晴れ、とても清々しい気持ちになっていました。

研修医に失敗はつきものだと思います。大切なのは失敗からどれだけ学べるか。
同期が一緒に画像見直そう!って言ってくれたから、一緒に指導医の先生のところに行ってくれたから、1つの失敗で自分だけで学ぶ以上のことを得られました。
幸い、失敗は大事に至りませんでしたが、だからこそ、叱ってくださった指導医の先生には感謝の気持ちしかありません。
改めて、自分がいかに幸せな環境で研修できているかを実感しました。

その日の鰻が格別美味しかったのは、言うまでもありません。


2017/08/03

うっしっしーの、ウナギだぞっ

暑い日が続いています。台風も迫っていますね、毎年夏ばかりが厳しくなりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

日本人には何の強迫観念か、たとえ世界が滅びゆこうとも、これさえあれば夏を大胆にハッピーに過ごせる効果抜群のおまじないがありますよね。
そう、土用の丑の日です(*´꒳`*)
先日、2年目研修医は全員で、浦和の鰻屋さんへ行きました。
発端は一部の研修医がウナギを賭けていたことなのですが…私達は「今日を逃したら7人でウナギを食べる機会なんて二度とないかもしれんのだ!今行かなきゃいついくの?」と、使命感半分ヤケクソ半分で、足元も視界も悪いザーザー降りの雨の中、鰻屋さんへ行きました。(道に迷ったのも半分!笑)

広い店内はノスタルジックな明かりで、柔らかな畳は腰を下ろすだけでいろんな疲れを吸いとってくれます。
最近は研修科の違いによるお互いのすれ違いのせいか、なかなか7人で集まる機会がなく、お酒も無いのにこういうおしゃべりの場が愛おしくてたまらないですね。
さっぱり鯉のお刺身、甘さが優しい卵焼き、そして念願の鰻重はボリューム満点で、肉厚でホクホクのウナギを、いい香りのお米と飽きない味のタレが存分に引き立てる!
意地になってみんなで出かけて良かったな、みんなで食べると美味しいウナギはもっと美味しいな。楽しいね、たのしいね、ね(*´꒳`*)
何をそんなに話しこんだのかほとんど覚えていませんが、ニコニコのお腹でお店を出れば、小降りの雨が夏の夜を包んでいるのでした。

去年の今頃は病棟の変わり目で、ようやく慣れた病棟を一度離れることに、強い不安を感じていたのが懐かしいです。
今でも科の変わり目は不安でビビリまくりですが、以前よりも各科での目標や学びたいことは明確になり、気持ちも前向きな気がします。
半年とあとちょっとの初期研修。今でも毎日1個ずつ成長し、1個ずつ出来ることを増やしながら、それぞれのペースで歩んでいきたいなと思います。おわり☆