2018/06/12

病院見学に来ませんか?

はじめまして、研修医のKといいます。初めてブログを書きます。
何を書こうかいろいろ迷っていましたが、医学生の方も見ているらしいので私がなぜ埼玉協同病院を選んだのかを書こうと思います。
まず私の経歴から簡単に書きます。埼玉県出身で薬学部卒業後に大学院に進学しましたが、大学院は卒業することはなく、在学中に運良く島根大学医学部医学科に合格しました。ただ、医学部合格までは順当には行かず、1年ほど休学し、受験勉強に専念していた時期もありました。そのため、卒業したのが30歳で現在32歳の高齢研修医です。
医学部には私の様な別の大学を卒業してから入学した方や社会人経験者の方も多いと思いますが、埼玉協同病院はそのような方が特に多いです。再受験の方は研修先を選ぶ際に同期とうまくやっていけるか心配になる方は多いと思いますが、埼玉協同病院はそのような心配はなく(少なくとも私はそう思っています。他の同期はどう思っているかわかりませんが)年齢関係なく仲良くやっています。

ここから本題に入ります。なぜこの病院を選んだかというと、一因ではありませんが病院見学をしたときに偶然、島根大学出身で同じ部活の先輩がいたことが大きいです。私のような人見知りの方は病院見学の際に、初めての場所で初対面の職員の方と何を話していいか、あるいは何をすればいいかわからず、過ごしてしまうことが多いと思います。
私は他の病院を見学した際にそのような思いを常にもっていました。しかし、協同病院を見学したときに大学と部活の先輩がいたので話が弾みかなり親身に打ち解けました。そのため協同病院に好印象を持ち、是非ここで働きたいと思いました。今思うとその先生がいなかったら、おそらくこの病院で働いていなかったと思います。
最後に埼玉協同病院は大学や年齢もバラバラなので私のような地方大学出身の再受験もウェルカムなので是非興味のある方は病院見学など検討していただけたらと思います。