2018/11/06

ITと医療

これまで金融・教育・医療の現場はIT化が遅れている分野と言われて来ました。
しかし、仮想通貨やオンライン授業などが登場し、ここに至っては医療のみがIT化の波に乗り遅れているのを感じます。

ITといっても必ずしもAIやブロックチェーンといった高度なものではなく、既存のシステムでより良くなる部分が沢山あると感じます。
病院の待ち時間・電子カルテの利便性・病院間のやりとりなど、医療現場にはアナログな部分がたくさん残っています。

医師をはじめとした、看護師・薬剤師・リハ・MEMSWなどの専門職は自分の専門性に関わりのないところで多くの時間を割いています。その医療業界の課題をITの力で解決できないかというのが今の病院を始めとした医療機関の課題だと感じます。

また、AIの話題が盛んではありますが、今実用化されているAIはいわゆるドラえもんのような汎用型のAIではなく、ある計算機能に特化した特化型AIと呼ばれるもので、人工知能が人間と同様の思考を得るには時間がかかりそうです。
特化型AIを作るのにもまず人間が教え込まないといけませんし、コストもかかるため現時点でAIが医療者の仕事を奪うという構図は起こらないと考えらます。

ではどうやって今あるITを使用して医療現場の課題を解決すれば良いのでしょうか?
自分は医療の課題をわかっている医療者と医療の課題を解決できるITエンジニアが協力して新しい医療のサービスやシステムを作っていくことだと思います。
ただし、新しい取り組みには必ず不安もあります。


大女優とのニュースで話題となったIT社長・前田裕二さんに新しい取り組みをする時に不安はないのかという質問したことがあります。
その時、このような回答をいただきました。

ーーもし本当に新しい取り組みで成功したいと思っているなら二つ意識しないで欲しいことがあります。意識して欲しいことじゃなくて、意識しないで欲しいことです。一つ目には、一歩踏み出す勇気なんて思わないで欲しい
自分がこれ一歩踏み出す勇気出ないなとか思い始めたら一旦その意識を止めて欲しい。そうなった時点で新しい取り組みに対して、もうワクワクしてないからそんなにやらなくていいかもしれない。
勇気が出ないと思うようであれば、もしかしたら今それを起こすタイミングじゃないということなのかもしれない、というのが一点。
2点目はシンプル。
成功したいと思っているのにそれが途中で頓挫したらどうしようとか失敗したらどうしようと思わないでほしい。
ホリエモンの話が本当そうだなといつも使っているんですけど、
みんなロケット失敗した後に「ロケット失敗しましたね」って言ってきたと
で、「え、何言ってんの失敗じゃないよ。挑戦はやめなければ失敗じゃないんだ。
って言ったんですって。でもそう言うことだと思います。
本人が諦めなければ失敗はない。というのと、リスクをちゃんと洗い出して、リスクに対してちゃんとヘッジ策を作っていく。リスクに対するヘッジ策をちゃんとやりそれを実現するために必要なブレイクダウンを全部やっていけばそうそう破壊的な失敗は訪れません。ーー

迷ったらとりあえず行き止まりまで歩いてみることで新しい道が開けることを学びました。
これまでの医療を学びつつ、常に新しい挑戦も行っていきたいと感じます。